ほくろ除去で悩みを解消しよう~再発防ぐためのノウハウ~

ウーマン

ほくろを取り除く方法

スキンケア

ほくろはチャーミングポイントになることもあれば、人相上よくないこともあります。後天的にほくろができるのは、主に紫外線の影響です。できるだけ予防することが大事です。ほくろ除去なら美容整形クリニックでレーザー治療をすれば短時間ですみます。その他にもクリームなどがありますが、安心で確実なのは手術です。

詳細を読む

費用と施術の特徴

メディカル

ほくろ除去の治療を行う際には、保険診療で行えるのかどうか、治療の回数はどれぐらいかかるのかといったことを事前にきちんと確認しましょう。最近人気のレーザーによるほくろ除去は、傷痕が残りにくい、さまざまなレーザーを併用して丁寧に治療ができるなどの特徴があります。

詳細を読む

レーザーでの施術

ドクターとナース

施術場所の選択とケア

日本ではほくろ除去を行うことはまだまだ一般的とは言えませんが、欧米ではすでに広く一般的に行う治療として浸透しています。ほくろが目立つという理由だけで子どもの頃にほくろを除去したり、お化粧やファッションと同じような感覚で女性が美容のためにほくろ除去の治療を行うことも珍しくありません。日本でも最近では、大掛かりな切開手術ではなく、レーザーによるほくろ除去が広く行われるようになってきたことで、少しずつほくろ除去の治療を受ける人が増えてきてはいます。ほくろ除去の治療を受けたい場合には、ほくろ除去専門の美容クリニックや最新レーザー治療を行う美容皮膚科、美容整形外科などを選ぶとより治療の選択の幅が広がります。ほくろの場所やほくろの性質によって、適切な治療法は少しずつ異なってくるので、再発しないように完全に除去をするための手術を受ける方がいいのか、傷痕が目立たなくなって早く治る治療がよいのかどうかなどの優先順位を決める工夫をすると自分に最適の治療場所が見つかるはずです。また、ほくろ除去の傷痕がきれいに仕上げるためには、施術自体だけではなく、アフターケアもとても大切になってきます。病院やクリニックで行ってくれるアフターケアだけではなく、自分自身でもアフターケアをしっかりと行うことで、傷痕が早くきちんと治ることにつながります。例えば、傷痕にばい菌が入らないようにこまめに消毒をして清潔に保ったり、テーピングを行ったり、美白剤をぬったり、日中は日焼け止めを塗ったり、といったアフターケアがとても有効です。

人気になる意味

ほくろ除去の治療方法として、炭酸ガスレーザー、Qスイッチレーザーなどのレーザー照射による方法に人気が集まっているのにはいくつかの理由があります。まずはレーザーは肌への負担がとても少ないということです。施術時間も10分程度と短時間ですむことも多く、その手軽さが患者さんに喜ばれています。また、組織の切開に優れているため施術の痛みも少ない治療となっているだけでなく、メスや電気メスなどに比べて傷の治りもとても早いことが多いです。さらに、熱によるダメージも最小限に抑えることができるため、仕上がりがとてもきれいだということもポイントです。これはレーザーだと切開面の変化がごくわずかですみ、出血が少ないことが原因だといえます。最近、レーザー治療を行うクリニックの中でもとくに人気が高まっているのは、複数のレーザーを備え、ほくろの状況に合わせてコンビネーション治療を行ってくれるクリニックや、スキャナ付きの高機能レーザーなど最新機器を使用して施術を行ってくれるクリニックです。こうした設備があるところでは、ほかのクリニックでは断られてしまったような難しい症例や大きなほくろなどにもレーザー治療で対応してくれたり、より表面をなだらかできれいに仕上げる治療を行ってくれることが評判となり、ほくろで悩んでいる多くの患者さんが集まっています。また、扱ったことのある症例数が多い経験豊富な医師が、生活スタイルや肌の状態などをきちんと聞いてくれるなど、丁寧に診察やカウンセリングを行ってくれるクリニックも若い女性を中心に人気を集めています。

お顔の印象を良くするには

鏡を見る人

ほくろで悩んでいる人はとても多いです。ですがほくろ除去の治療は、レーザー照射という方法が出てきてから、手軽で簡単なものになりました。きれいになるのかを不安に思っている人も、一度体験してみれば、その良さがはっきりと理解できるでしょう。

詳細を読む

Copyright© 2016 ほくろ除去で悩みを解消しよう~再発防ぐためのノウハウ~All Rights Reserved.